【元JAXA職員が教える】Zoomでコミュニケーション力を鍛えよう【宇宙教育コンテンツ】

逆境におかれている今、ZoomやTeamsなどオンラインツールを活用した様々な取り組みがなされていますが、やはり痛烈に感じるのは「コミュニケーション」の難しさでしょう。

しかし、コミュニケーションする力は訓練で育んでいくことができます。

この記事では、オンラインツールのひとつであるZoomを利用して、楽しみながらコミュニケーション力を鍛える方法をお伝えします。

  • 宇宙飛行士の話
  • オンライン・トレーニング
  • JAXAの宇宙教育教材


宇宙飛行士の話

生死にかかわる過酷な環境で仕事をする宇宙飛行士たちは、日頃から様々な訓練を通してコミュニケーション力に磨きをかけています。

例え宇宙で仕事中にトラブルが発生したとしても、冷静に自分たちの状況を分析し、あらゆる手段を駆使して、的確に情報を伝えようとします。

もし音声が途絶え映像回線だけが使えるとしたら、身振り手振りで状況を伝えるでしょう。もし音声だけが使えるとしたら、言葉だけで目の前で起こっていることを話すでしょう。

そこで!


オンラインでこんなトレーニングはいかが?

先日ふと思い立ち、家族でこんな取り組みをしてみました。

それはZoomを使って別々の場所からコミュニケーションを取ってみるというもの。

テーマは「図形を言葉だけで伝える」ゲームです。

始める前に、ウチは6人家族なので、古いノートパソコンやスマホなど家中にある通信機器をかき集めました。そして各機器にアプリをインストール。みんな興味津々です。

今回は自分がホスト役で、このゲームの趣旨を説明。

続けて、用意した図形の特徴を自分の言葉を使って表現していき、家人には、その言葉をたよりに手元の紙に図形を書いてもらいました。

そして答え合わせで各自が見せてくれたのがこちら。



ちなみに、事前に用意した図形はこちら。



見事に大失敗。

でも振り返りで、どのような言葉が良くなかったのか、どう表現すればよかったのか、深く考えることができました。

ポイントをまとめるとこんな感じ。

  • 図形を要素に分解し、各々の関係を明らかにする。
  • 図形の特徴を的確に表現する。
  • 図形間の関係を的確に表現する。
  • 伝える順序を工夫する。
  • そしてなにより「相手に伝わる表現」を考える。

ちなみに、今回はお互いに映像で顔を見ながらやりましたが、映像をミュートして音声だけ聞こえるようにするとさらに面白いでしょう。

このゲーム。家族からはとても評判が良かったです。

そして「文章を書く力も付きそう」という意見もありました。


JAXAの宇宙教育教材

実はこれ。私がJAXA在職中に手掛けた宇宙教育教材のひとつです。

JAXAの教材では、パズルを使って図形を並べるだけなので、もっと手軽に楽しめると思います。

以下に、JAXA宇宙教育センターの教材ページを記載しておきますので、ぜひご覧ください。
※初めてアクセスするときは利用許諾の確認があります。

JAXA宇宙教育教材
コミュニケーション力をきたえよう!


あと、こちらは教材と一緒に使う動画です。

YouTube動画
JAXA 星出彰彦宇宙飛行士とコミュニケーション力をきたえよう!



最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。これからも宇宙教育に役立つ情報を発信していきます。

(この記事はnoteのリライトです。)