本文へスキップ

宇宙教育のプロフェッショナル

Space PLAN-K の生い立ち

多くの団体が様々な形で宇宙教育を実践している中、
どんな思いで何をするために立ち上げた団体なのかを紹介します。

プロの現場で宇宙教育を。

代表

國方則和(くにかたのりかず)

経歴

1968年 香川県生まれ。
1989年 国立高松工業高等専門学校(現:香川高等専門学校)電気工学科卒業。
1989年〜 音響機器メーカーでプロフェッショナルオーディオ機器の開発に従事。
2013年〜 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターに勤務。情報誌「宇宙のとびら」編集長「宇宙教育テレビ」プロデューサー 「1日宇宙記者」「スペーススクール」「宇宙飛行士と詩をつくろう」担当
2018年〜 JAXAから独立、SpacePLAN-Kを開業。

PLAN-Kの思い

PLAN-Kの思い

子どもから大人まですべての世代に宇宙を使った教育を届けたい。
そのために宇宙教育のプロフェッショナルを増やしたいと考えています。

宇宙は理科や物理など理系に結び付けられることが多く、自分には遠い世界のことと思われがちです。

しかし、そもそも地球で暮らす宇宙の一員として、私たちは宇宙のことをもっと知り、自分たちの生き方を深く考え、挑戦を続けなければいけないのではないでしょうか?「宇宙から学ぶ」というのはそういうことです。

宇宙を使った学びの場は増えつつありますが、もっと広く多くの世代に届けたい。宇宙教育の場を一緒に作っていきませんか?

SpacePLAN-Kがお手伝いをします。

代表

國方則和(くにかたのりかず)

経歴

1968年 香川県生まれ。
1989年 国立高松工業高等専門学校(現:香川高等専門学校)電気工学科卒業。
1989年〜 音響機器メーカーでプロフェッショナルオーディオ機器の開発に従事。
2013年〜 宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙教育センターに勤務。情報誌「宇宙のとびら」編集長「宇宙教育テレビ」プロデューサー 「1日宇宙記者」「スペーススクール」「宇宙飛行士と詩をつくろう」担当
2018年〜 JAXAから独立、SpacePLAN-Kを開業。

事業内容(何をするか)

・宇宙教育の導入コンサルティングおよび実施支援
・宇宙を取り入れた教材およびカリキュラムの開発
・宇宙教育への理解促進

沿革

2018年4月1日 開業

ナビゲーション