本文へスキップ
コミュニケーション力強化ワークショップ

コミュニケーション力強化ワークショップ

コミュニケーション力強化ワークショップ

オンラインでバーチャルな宇宙飛行を楽しみながらコミュニケーション力を強化するワークショップ。
コミュニケーションの質を高めるコツを「宇宙×教育」と「ソフトウエア工学」の知見からご紹介します。

コミュニケーション力強化ワークショップの様子

コミュニケーション・ロス

コミュニケーション・ロス

オンラインUFOゲームに挑戦!

オンラインUFOゲーム

宇宙トピックス

宇宙トピックス

マインドマップで内容を整理

マインドマップ

フライトディレクタからのメッセージ

フライトディレクターメッセージ

ワークショップで得られるもの

オンラインでのコミュニケーションで、このようなストレスを感じることはありませんか?

・意図が上手く伝わらない
・理解に時間がかかる
・あやふやな合意

このワークショップでは、コミュニケーションの質を高めるコツを「宇宙×教育」と「ソフトウエア工学」の知見からご紹介します。

(1)宇宙飛行士が心がけていること
(2)ロジカルシンキングの勘所をつかむ
(3)マインドマップを活用する

宇宙飛行士が持つコミュニケーションスキル

宇宙飛行士は、宇宙という極限状態でトラブルに見舞われても生きて地球に帰るために、出来事を素早く観察し、効率よく的確に情報伝達できるよう日頃から訓練しています。

そのために必要なスキルとして

・相手の目線で考える
・シンプルに表現する
・筋道を立てて伝える

が挙げられます。

【参考動画】
 コミュニケーション力をきたえよう!(JAXA公式YouTubeチャンネル)
 宇宙教育テレビ(ファン!ファン!JAXA!)
 宇宙飛行士について(宇宙教育テレビ)

ソフトウエア工学を応用

ソフトウエアを安全に正しく動作させるためには、誰でも検証できる形で仕様をまとめプログラミングする必要があります。その方法論を探究する学問のひとつが「ソフトウエア工学」です。

本ワークショップでは「筋道を立てて伝える」ための手立てとして、ソフトウエア工学の知見を応用します。

・論理的に考える(ロジカルシンキング)
・過不足をなくす(MECE)
・構造化する

※当社はソフトウエア技術者の育成にも力を入れています。
 所属団体:組み込みソフトウエア管理者・技術者育成研究会(SESSAME)
 執筆記事:マイコンを使いこなす基本を身に付ける(日経クロステック)
 共著書籍:組込みソフトウェア開発のための構造化モデリング(翔泳社)

オンラインワークショップ

対象

企業・団体、学校・教育機関、自治体、個人サークル

内容

【ミニワークショップ:UFOゲーム】
・宇宙船の外に未確認飛行物体を発見
・物体の特徴を言葉だけで伝え、図形を描く
・宇宙飛行士が持つノウハウを紹介
 <相手の目線で考える、シンプルな表現、筋道を立てる>

【ミニワークショップ:私と宇宙】
・宇宙関連のトピックス(宇宙ビジネス、天文など)を聞く
・ショートメッセージの作成に挑戦
・マインドマップでメッセージの内容を整理してみる
・ソフトウエア工学のノウハウを使ってみる
 <ロジカルシンキング、MECE、構造化>
 ※専門知識は一切不要。わかりやすく解説します。

【オリジナル動画】
国際宇宙ステーション補給機「こうのとり」フライトディレクタからのメッセージをご紹介します。

オンラインツール

ZoomまたはTeams

所要時間

90分〜120分

定員

5〜20名程度

費用

個別にお見積りいたします。
こちらからお問合せください。