本文へスキップ
2030 SDGs ワークショップ

2030 SDGs ワークショップ

宇宙でSDGsの本質を探究するワークショップ

いま話題の「2030 SDGsゲーム」を使ったワークショップ。
公認ファシリテーターと一緒に、10年先、50年先、1000年先の私たちのあるべき姿を想像しながら、今日からの行動変革につなげるヒントを探究しましょう。

2030SDGsワークショップの様子

現実世界をシミュレートするゲームプレイ

全体の様子

使用するアイテム

ゲームで使用するアイテム

未来を創るプロジェクトカード

プロジェクトカード

世界の状況メーターで2030年を見える化

世界の状況メーター

宇宙の視座

宇宙の視座

ワークショップで得られるもの

テレビや新聞で目にすることが多くなったSDGs(エス・ディー・ジーズ)について、よくわからない方も多いと思います。

また個人で、あるいは法人や団体で具体的な活動を始めたものの、まだ「自分ごと」だと感じにくい方もたくさんいらっしゃいます。

・SDGsがどのような取り組みなのかよくわからない
・どのような行動を起こせばよいかわからない
・SDGsの達成に不可欠なバックキャスティングをもっと知りたい

このワークショップでは【2030 SDGsゲーム】を通して3つの効果をお届けします。

(1)なぜSDGsに取り組む必要があるのか体感できる
(2)今日から起こすべき行動がわかる
(3)バックキャスティングの勘所がわかる

SDGsとは何か?

2015年9月、「国連持続可能な開発サミット」で採択された、国際社会が協力して目指すゴールです。

2030年に向けた「貧困」「水と衛生」「消費と生産」「公正」などの17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成されています。

バックキャスティングとは?

バックキャスティングとは、もともと環境保護の分野で使われ始めた言葉です。

現状の社会や環境ありきでものごとを考えると、どうしても望ましい環境に行きつかない事があります。その時に、はじめにあるべき環境・ありたい環境を挙げ、そこに行きつくためのギャップや方策を考える、というアプローチです。

出典:一般社団法人日本科学技術連盟

SDGsと宇宙

46億年も続いてきた「生きとし生けるものが集う地球」。この星を守るためには「人類の生活圏を超えた空間の視点」と「過去から未来へと続く時間の視点」が必要なのかもしれません。

そんな「宇宙の視座」に立つと「人類は人類のことを短期的にしか考えていない」かもしれないと気づきます。

10年先、50年先、1000年先の私たちのあるべき姿を想像しながら、今日からの行動変革につなげるヒントを探究しましょう。

出張ワークショップ

対象

SDGsの達成に取り組む企業・団体、学校・教育機関、自治体

内容

・2030SDGsゲームプレイ
・ゲームの振り返りとSDGsの本質
・宇宙を題材にしたバックキャスティング思考のトレーニング

所要時間

4〜5時間

定員

10〜40名

費用

80,000円(税込)
※会場までの旅費を別途ご請求申し上げます。